授業で使える!Flipgridを体験してみたよ。

投稿者: | 2018年10月23日

なんか最近ツイッター上で見え隠れするFlipgrid。何このリア充の集まりみたいな写真!

英語圏ではすご~く人気があるようです。日本語教師のタイムラインにも時々「Flipgridなんたらかんたら…」。よくわかりませんが、そのうち誰かが説明してくれるだろうな~と思っていた矢先に…

@aya_nihongoさんからナイスな提案がありました。私の顔でも役に立つなら使ってください、ということでこの実験的なグループに入れてもらいました(私の他にも数名参加されていました)。

で、Flipgridを体験してきたわけですが、概略を記述しておきます~。

ビデオベースの学習プラットフォーム

私の理解ですが、基本的な使い方としては、

先生がお題を出して、それに対し学習者がビデオで回答する。

というものでしょう。

例えば30人の会話の授業とかだと、一人一人に時間をかけて授業時間内にフィードバックすることって難しいですよね~そんな時は「各自ビデオとって、フリップグリッドに上げといてね~」といえばよいわけです。

以前そのような授業形式でやっていたことがありますが、30人分の動画の管理というのはなかなか大変でした。でもこれなら課題ごとにまとめておけたりするので便利だったりします。

また設定によっては、学習者がビデオを上げた瞬間、他の全員がそのビデオを見られるようにもできるし、教師が採点とかフィードバックをするまでは教師以外は見られないようにできたりもするみたいです。

教師としては授業時間外に30人全員のビデオをチェックするというのもなかなか大変です。だったら、全員が見られる設定にしておいて、相互にチェックしてフィードバックするという方法をとることもできますよね~

ビデオベースということで、「年少者のための日本語教育」とかにも使えそうだというようなことも話として出ました。日本にルーツのある海外在住の子供とかは日本語補習校的なものに通っていたりしますが、各国の補習校をつなぐとか、補習校でなくても点在する子供たちをつなぐとか、その活用方法はいろいろあると思います。

基本的な使い方はYoutubeで!

@aya_nihongoさんがフリップグリッドの使い方を丁寧にまとめられています。ぜひ詳しい使い方はこちらをチェックしてください!

というか、Flipgridって響きもなんかかっこいいですよね。なんかの必殺技かと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です