ペライチでウェブサイトを作ってみました

投稿者: | 2017年12月15日

この度ウェブサイトを作ってみました。毎週やっている「やさしい日本語おしゃべりカフェ」の公式ページです。

「やさしい日本語おしゃべりカフェ」の公式ページ

これまではFACEBOOKの投稿だけに頼っていたんですが、ずっと「本拠地」的なものがあればいいなと思っていました。たまたまオンラインで「ウェブサイト作成」の授業を受ける機会に恵まれたので、これを機会にと思い作ってみました。

■「やさしい日本語おしゃべりカフェ」とは?

様々なウェブサイトが無料で作れる時代

今までブログなどは、これをはじめいくつか作ってきたんですが、ウェブサイトというのは初めてでした。これはワードプレスで作っているんですが、ウェブサイトもワードプレスで作れますよね。ただ、そんなにITに強くない私としては、またワードプレスと格闘するのか~と思うと難儀で、これまで作らずにいました。

しかし、今は本当に簡単にウェブサイトが作れるんですね。私が受けているオンラインコースで紹介されていただけでも↓これだけあります。

グーグルサイト
WIX
Jimdo
ペライチ

最も簡単に作れるのは「グーグルサイト」だと思います。アカウントもありますしね。実は最初はこれで作りかけたんですが、簡単に作れる反面、あまり自由度がありません。そこで、ペライチを使うことにしました。

使いやすい「ペライチ」

とりあえずシンプルなものを作りたかったんですよね。それでこれを選びました。

普通ウェブサイトというと、メインがあってそこから色々なページにリンクして複雑な作りにするのが普通ですよね。でも、ペライチではそもそもウェブサイト自体が「一枚」なんです。ちょっとした宣伝とかにはもってこいだと思います。

作ってみた感想としては、非常に簡単だ、ということです。マニュアル的なものもあるみたいですが、ほとんど見ませんでした。時々やりたいことをどう実現していいかわからないときにグーグルで検索したりしましたが、ほとんど感覚的に作り進めることができます。

ただ、私の場合は無料バージョンだったので、いくつか障壁もありました。以下にそれをまとめておきます。

無料バージョンの限界

基本的には無料で使えるペライチですが、何か少し複雑なことをやろうと思うと有料バージョンにアップグレードしなければなりません。料金は一番安いプランで、月に750円くらいだったと思います。

まず最もつらいところは、「HTML埋め込み」ができないところです。まあ、私もそれほど詳しくないので、できなくてもかまわないのですが、「この画像を少し右側に動かしたい」とか、「グーグルフォームを埋め込みたい」とか、そういうことができません(YOUTUBEは埋め込めましたが)。

その次は独自ドメインを使えない、ということでしょうか。独自ドメインは有料バージョンでないと使えません。ですから無料バージョンでは非常に長ったらしいURLを使うことになります。

また、アクセス解析ができません。唯一「昨日の閲覧者数」は見られるのですが、それだけです。

あと、私はあまり関係ありませんが、無料バージョンでは「決済機能」が使えません。これは有料バージョンにプラスして500円で使えるみたいです。商用利用しようという人にとってはいいかもしれませんね。

有料バージョンが750円、それに決済機能が500円、それにドメインを取得して…と考えると1500円くらいになるでしょうか。このくらい出すとある程度自由自在にウェブページが作れて、商用利用も可能ということです。悪くはないかな?と思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です